その転院ちょっと待った!?不妊治療(体外受精)の病院選びのポイント3つ!

 

こんにちは、ゆらみです^^

 

Twitterで妊活アカウントを作っているのですが、たまにDM(ダイレクトメール)を頂くことがあります。

 

そんな中でも一番多かった質問内容は

 

転院先で迷っています。

 

という内容です。

 

私の大好きなB’Zの松本さんは以前インタビューで

 

AかBかで迷っているときって、実は自分の中では答えは決まっていて、背中を押して欲しいことが多いんじゃないかな?

 

 

と応えてらっしゃいましたが、この「転院先どうしよう?」という質問に対して今回はゆらみなりの意見を述べたいと思います。

 

もし、今アナタが不妊治療で体外受精をするために転院先を探しているのなら、是非一度読んで頂いて改めて考えてみて欲しいと思います。

 

そして、アナタの背中を少しでも押せたなら幸いです^^

 

スポンサーリンク

 

ゆらみが転院先(体外受精先)をARTレディースクリニックに決めるまで

DMで来る転院相談内容で一番多いのは、

 

近所で体外受精をやっているところと、遠方の有名病院で迷っています。

 

という内容です。

 

私が転院を勧められたのは、近所の婦人科で人工授精を始めて半年経ったころでした。

 

そちらはメインが産科でしたので、体外受精はやっておらず、

 

医者
そろそろ体外受精を検討しては?

 

 

と、医師から持ち掛けられたのでした。

 

最初は自分がまさか体外受精にチャレンジすることになるなんて思いもしなかったので

 

ゆらみ
転院!?

 

と拒否反応を示しましたが、年齢的な問題などさまざまなことを鑑みて、転院することを決意しました。

 

先生は、

 

医者
どこでも好きなところに紹介状を書いてあげるから、よく考えて

 

と言って下さいました。

 

スポンサーリンク

 

例えばもし、これ(不妊治療)がガンだったらと考えてみる

転院してお金をかけて体外受精にチャレンジするなら

 

ゆらみ
失敗したくない、絶対に成功したい!

 

と、強く思いました。

 

勿論、お財布事情や家庭の事情にも寄りますが

もし、これが健康診断での結果が悪くて、要再検査となり、更に三大疾病の疑いがあり、大きな病院への転院や検査入院を勧められた状況だったとしたらどうでしょう?

 

アナタは近所だからという理由で病院を選びますか?

 

  • 必死になって、ネットや口コミを調べて、名医と呼ばれる先生がいる病院への転院を希望しませんか?
  • 成功率が高くて、生存率が高い病院への転院を希望しませんか?

 

もちろん、不妊治療は病気ではありません。

ただ、不妊は「原因不明」であることが多いので、1つ1つ不妊の可能性を潰していく根気強い治療が求められます。

 

であれば、大病のときと同じように

信頼できる先生が数多く、最新の検査や治療を行ってくださる妊娠率が高い病院へ行こう!とアナタは思いませんか???

 

ゆらみの場合はどうやって転院先をARTレディースクリニックに決めたか

 

別に我が家は資産家でもなければ、主人が超ハイスペックでも何でもないので、治療に使えるお金には限りがありました。

※また後日書きますが、不妊治療はパートナーと期限と使えるお金を最初に話し合っておくことが大切だと思います。

 

ゆらみ
この限られた時間とお金の中で、絶対に成功したい!

 

そう思ったので、ネットで関西の病院を調べまくり病院の公式サイトから口コミサイトまで目を皿のようにして読みまくって

 

ゆらみ
ここなら頑張れそうだ

 

と思ったところに紹介状を書いて貰いました。

 

それが私の場合は、

現「神戸ARTレディースクリニック」(旧「大谷レディースクリニック」)でした。

 

※クリニックのことはまた詳しく書きますね^^

 

私が注意して調べたポイントは下記3つです

 

  • 治療内容(どんな治療を行っているか)
  • 成功率(どの段階からの成功率かも見ました(注:※①))
  • 通院者の平均年齢(あまり若いところではないところにしました)

 

※①
胚盤胞まで行った受精卵からの成功率を出しているところや、全体母数での成功率を掲載しているところなど様々です。確認される場合は注意して見て下さい。

 

また、最高出産年齢や、口コミサイトや掲示板で、先生や、受付、看護師さんの印象や、設備についての感想をくまなく読みました。

※チキンなので、厳しい先生や怖い看護師さんや受付さんのところは遠慮したかったのです;;

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?
もちろん、人によって状況は様々です。

 

私の場合は通院が大変になって、仕事の契約更新をしてもらうことが出来ず専業主婦になりました。仕事はなくなりましたが、時間は出来ました。それが多少距離があっても、待ち時間が長くても通えた理由でもあります。(良いんだか、悪いんだか分かりませんがw)

 

これがもし仕事をしながらや、2人目不妊であれば、遠方への通院はとても大変なことだと思います。

また、人気の病院は予約しても待ち時間が2時間なんてザラですし、初診予約さえすぐに予約が出来ないことが多いです。

 

実際、私も初診予約は最短(日時指定なし)で3週間先、土日や先生の指名が希望なら2か月待ちと言われました。
※もし迷われているなら、一度初診予約だけでもしてみて、その待ち時間に今一度考えてみるのもお勧めです。

ただ、これだけは伝えさせてください。

 

  • 失敗して、諦めるために不妊治療するんじゃないですよね?
  • 成功して、赤ちゃんに会いたいから辛い治療に耐えながら通院するんですよね?

 

 

失敗が続いて、年齢を重ねてしまうより、貯金がどんどん目減りするより、出来るならば、「治療を成功させること」を最優先にして今一度転院先を考えてみて貰えば、、、と思います。

 

最短で成功することが一番の節約ですし、時短にもなると思います。

 

最期に大好きなB’Zの稲葉さんは(←どんだけB’Z好きなんだw)

AとB迷ったとき、答えを決めたら、「あぁ、あっちにしておけば良かった!」などと絶対にもう振り返らないこと

 

と、おっしゃっていました。

 

転院先を決めたなら、後ろを振り返らず、先生を信頼してパートナーと頑張って進んで頂ければと思います。

応援しています^^

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す